品質管理

品質管理

最新の機械と、職人の目。
どちらも必要です。

私たちが扱う商品は、食品、医薬品、化粧品といった、
安心・安全であることがきわめて高いレベルで求められるものばかりです。
徹底した品質管理のために、当社の印刷機とドライラミネート機には
全て高精度カメラによる自動欠点検知器を完備。
さらに、最新の巻替検品機を導入し、二重のチェック体制を確立しました。
一方、高性能な設備があっても、最終的に不良を未然に防ぐのは「職人の技」であり「人の目」。
印刷機運転中はつねにオペレーターが機械と製品の状況を監視し、
インクの粘度、印刷機の回転数、調色などを管理します。
私たちは技術者集団として、
最新設備を最大限に生かし、技術の研鑽に努めています。

検査体制

当社では、保有する全ての印刷機とドライラミネート機に欠点検査装置を装備しております。
加工中のフィルムを常時カメラで監視し、コンピュータが不良を自動で識別、記録します。
また、機械では判別しにくい不良に対応するため、印刷加工中のストロボライトによる監視等、
人間の目での確認作業も行っています。

その他の検査機器

バーコード検証機:加工した全ての製品へサンプリングによる
バーコードチェックを実施しています。
分光測色計:分光測色計を使用し、人間の目だけに頼るのではなく、
客観的な数値として色の合わせ込みを行い、
より高い再現性を実現しています。

巻替検品機

全拠点に複数台の巻替検品機を設置しています。
インラインの検知機と併せて二重のチェックを行うことで、
不良の外部流出防止に万全を期しています。

ガスクロマトグラフ
剥離強度試験機

印刷品・ドライラミネート品は、ガスクロマトグラフで
残留溶剤の濃度が規定値以内であることを確認しています。
また、ラミネート品の貼合せ強度を確認するために、
剥離強度試験機を設備しています。